自然に英語を話したくなる環境で、国際社会のひとりとして生きる

昭和学院で考える英語力は、会話ではなく対話の力。
英語という言語を通じて、国際的な視点や感覚を身につけ、大きな舞台で活躍する豊かな人材を育てます。

ネイティブスピーカーと日本人の2名担任制

担任はネイティブと日本人教員の2名。帰国生や海外経験者も多く入り混じるクラスは、授業以外でも英語に触れる機会がたくさん。英語と日本語を誰もが自然と使い分け、休み時間も英語が飛び交う雰囲気です。習熟別の英語授業のほか、朝の会・帰りの会も基本的にオールイングリッシュ。知識ではなく、実践としての英語で「伝える力」が身につきます。

ネイティブスピーカーと
日本人の2名担任制

担任はネイティブと日本人教員の2名。帰国生や海外経験者も多く入り混じるクラスは、授業以外でも英語に触れる機会がたくさん。英語と日本語を誰もが自然と使い分け、休み時間も英語が飛び交う雰囲気です。習熟別の英語授業のほか、朝の会・帰りの会も基本的にオールイングリッシュ。知識ではなく、実践としての英語で「伝える力」が身につきます。

大切なのは「どう伝えるか」ではなく「何を伝えたいか」

英語の意味や表現を学んでも、そこに「伝えたい思い」がなければ相手の心を動かせません。今の世界情勢を知り、国際問題についてのトピックを理解したうえで、自分の意見を英語で述べる。そのために必要となる世界の動きや多様な考えの学び、さらには発信力や自己表現力といったグローバルな視点での人材育成に力を入れたプログラムが充実しています。

大切なのは「どう伝えるか」ではなく
「何を伝えたいか」

英語の意味や表現を学んでも、そこに「伝えたい思い」がなければ相手の心を動かせません。今の世界情勢を知り、国際問題についてのトピックを理解したうえで、自分の意見を英語で述べる。そのために必要となる世界の動きや多様な考えの学び、さらには発信力や自己表現力といったグローバルな視点での人材育成に力を入れたプログラムが充実しています。

海外大学も見据えた進路指導

海外の動きや情報を共有することで、国内にとどまらず海外まで興味を広げる生徒が増えてきました。英検やIELTSなどの外部試験にも全員がチャレンジし、大学受験に生かす生徒も多数います。

海外大学も見据えた進路指導

海外の動きや情報を共有することで、国内にとどまらず海外まで興味を広げる生徒が増えてきました。英検やIELTSなどの外部試験にも全員がチャレンジし、大学受験に生かす生徒も多数います。

日本と海外では、どうしてセールの日が違うんだろう? そんな身近な興味を入り口に、海外の文化や習慣を学ぶことも国際理解への一歩です。ネイティブの担任教諭や海外からの帰国生たちなど、いままでの自分とは違う環境にいた人たちと一緒に過ごすことで生まれる学びがたたくさんあります。自発的な「知りたい」を引き出すサポートをたくさん準備して、お待ちしています。

夢に向かって英語も部活動も満喫しています

将来のために、もっと英語を話せるようになりたいと思い、このコースを選びました。生徒全員にiPadが配られているおかげで、効率よく勉強に集中できるのもありがたいです。部活の時間を確保しながら、通学途中や授業の合間などの隙間時間にテスト勉強をしたり、ワークに取り組んだりできる環境だと思います。